キャッシングの限度額がいっぱいになってしまったら

キャッシングは最高融資額まで借入できるわけではなく、個別に限度額が設定されます。
500万円を最高額とするキャッシングは多いですが、実際に借りるとなると多くて100万円というのが現実です。
それを超えた借入ができるのはVIP対応の方ですが、こうした方は高額の融資をしなくてもお金に困っていないことが多いです。
初めての借入では10万円からスタートすることも多く、それから段階的に増額されていきます。
最終的には50万円〜100万円くらいの限度額が設定されるのが普通です。

最初に指定された限度額いっぱいまで借りてしまったら、それ以上はお金を借りることができません。
追加で融資を受けたい場合は、増額の申し込みをして枠を拡大することになります。
増額をするためには、より高い信用力が求められます。
今までに遅延が何度かあれば、増額を受けるのは難しいでしょう。
増額を受けたいと考えている方は、遅延がないように利用する必要があります。
遅延をしてしまう理由の多くは、借りすぎによる返済の逼迫なのです。
たくさん借りるほど利息は大きくなり、返済する金額が大きくなりますし、要する期間も長くなります。
キャッシングを安全に利用するためには、限度枠の半分は残しておくように工夫するといいです。
50万円の枠がある方なら、25万円は残しておくのです。
すべて使い切ってしまうと、緊急でお金が必要になったときに困ります。
枠があれば使いたくなる方は、増額をしないほうが無難でしょう。

関連記事